関西ラフティング 京都保津川トムソーヤアドベンチャーズ


保津川ラフティングコース

保津川ラフティングコースは川下りの歴史が長く、保津川下りの観光遊覧船と同じコースを通るので、あらゆる場所に細かく名前がついています。その一部を紹介します。

このコースは大小約20の瀬が次から次へとやってくる、とてもおもしろいコースとなっています。

名物の岩や瀬、渕などもたくさんあり、何度下っても飽きることがない、魅力的なコースです。

関西保津川ラフティングコース

 

①山本浜・スタートポイント

ここからスタートします。
ガイドがスタート前に、ラフティングのやり方や安全に楽しむ方法を丁寧にレクチャーしますので、初めての参加でも安心です。

セイフティートークを聞く

緊急時にボートから落ちないように、しっかりと練習しておきます。
ボートにつかまる練習

 

②宮下の瀬

保津川ラフティングツアーのスタート直後にやってくる、しょっぱなの瀬。

左上を見上げると「請田彦神社」というお宮さんがあります。
しょっぱな

 

③金岐の瀬・不動明王

最初の大きな瀬です。3段になっていて、ストン、ストン、ストーンという感じで爽快!

左上には不動明王様が保津川の安全を見守ってらっしゃいます。

僕らも無事にゴールにたどりつきますよ~に!ってお願いしておきましょう♪

かなぎの瀬をゆくラフティングボート

 

 

④小鮎の滝

でっかい落ち込み(滝?)が皆さんを待ち構えています。

小さな看板が目印です。看板があるところでザブーン!!

この、小鮎の滝の名前の由来は、「コワイ」からきているという説もあります。ほんとかな?
小鮎滝をゆくラフティングボート

 

⑤大高瀬

ここはストレートな長~い瀬です。保津川有数の激流ポイントです。
みんなで力を合わせてクリアしましょう!

大高瀬をゆく トムソーヤボート

 

⑥殿の漁場

昔の殿様がここで漁をして楽しんだと言われています。
高い壁の上を走っているトロッコ列車がよく見えます。
殿の漁場からトロッコを見上げる

 

⑦獅子が口の瀬

獅子が口を開けているように見えるのでこの名がついたといわれています。

右上にはトロッコ列車の線路が見えます。

 

⑧女渕・泳ぎポイント

ここ女渕ではボートから飛び出して、ライフジャケットに身を委ねて泳いでみよう。

ぷかぷか浮いていると、かなり癒されます。

山を見ると、山が笑ってます。ホントに。
気になる方はガイドに尋ねてください!

女淵でぷかぷか泳ぐ

 

⑨二股の瀬

中州で瀬が二つに分かれています。増水時は左のコースを通ることもあります。

女淵で泳ぎ疲れたら、こんな感じでまったり。

二股の瀬付近でまったり

 

⑩曲り渕・飛び込みスポット

保津川名物、曲り渕・飛び込みスポット!

水深はかなり深いですので飛び込んで足やお尻をぶつけることはありません

推定4メートルちょっと(水位によって変化します)!
その上に立つと頭の位置がだいたい5メートル50センチ!結構ビビるかも。
ビビッてもチビらないように(笑)!
飛び込み岩からのジャンプ

 

⑪絶景ポイント・ほっこりポイント

飛び込みのあとはすこしのんびりクールダウン。

のんびりゆったり保津峡の絶景を楽しみます。

 

⑫朝日の瀬

さーて、ラフティング保津峡コースも終盤。

最後の大きな瀬です。
朝日の瀬をゆくラフティングボート
油断しないように、急流にチャレンジ!!

 

⑬孫六岩

その昔、400数年前に、孫六兄弟という偉人たちによって開削された巨岩。

彼らの偉業によって後の私達がここを通れるようになっています。すごいな~!でかい!
右に見える巨岩が孫六岩

 

⑭屏風岩

屏風のような?形をした岩です。昔の人は想像力が豊かだなぁ。
コース左側にありますので、見つけてください。

 

⑮鵜飼いの浜・ゴールポイント

とうとうゴール!楽しかったラフティングツアーもここで終了。

ここは外国人たちに有名な場所らしく、すごく外人さんが多い。

頭上にはJR保津峡駅が!なんと!橋の上に駅があります!めずらしい!
保津川ラフティング ゴール地点にて

楽しかった保津川ラフティングツアーの後は、集合場所のトムソーヤアドベンチャーズ保津川ベースに帰って、着替えをします。

京都保津川ラフティング 詳細へ

ラフティング・SUP・BBQ トムソーヤアドベンチャーズ

TomSawyer Blog Post